対比




三月、桃の節句です。

昼の時間も伸び、日射しも強めで、肉体的にも春を感じ始めました。

暖かさに誘われて、昼休みにぶらりとしまして、久し振りに祠に出会いました。

世田谷の桜で、対面しているような二体に思わず笑ってしまいました。

何故笑ったのかといいますと、本体は似た様な状態ですが、周りの趣が明らかに違っていたからです。

お地蔵様のほうは、社は無いのですが、それなりにお祭りをしているようです。

庚申様のほうは、社も傾き、手入れも行き届いていないようです。

庚申講が耐えてしまったのでしょうか?

そんな訳で思わず、苦笑い!!




おはようございます。

久し振りにお湿りがありましたが、もう少し大目に欲しかったですねー。

四、五日前に近くで小火があり、ビックリしましたが、気をつけたいものです。











            お地蔵様
            街角シリーズ

            お地蔵様   家の立替とともに、周りを整えたようです。

            庚申様    意味合いはわかりませんが、寂しいですね。













            庚申様
            街角シリーズ




            <  人間は 無意識に 比べてしまうんですね、、、、  >








ではまた














スポンサーサイト

宿る




日ごと年ごと、、、寒さが厳しく感じます。

東京の雪も三回目になるんですね。



おはようございます。

さむい朝を迎えています。

大寒の寒さなんでしょうが、防寒対策をしっかりとして動き回ろうと思います。









P_20170104_111257 (800x450)




谷中のチョッと路地裏に在る神社です。

と言うか祠ですかねー、、、

この様な祠的なものを見つけると、心が穏やかになりホッとします。

この様なものが多くありますし、墓石を観て回るだけでも、様々な思いをめぐらすことが出来、

ツイツイ動きすぎてしまいます。











            <  全てに心が宿る  社 祠 に   それを視る   >






ではまた
       





菩薩


年のはじめは、のんびりとする時間が多くある反面、アチコチへとよく動き回りました。

特に今年は、散歩が増えた為に、、だんだん早寝早起きに変わりつつあります。


おはようございます。

最強の寒波が襲来している模様です。

近頃は零度前後でも強烈な寒さを感じるようになってしまいました。




正月に恒例の、鉄舟の墓参りに行ってきました。

墓地の高台に、聖観音があります。

そして本堂の下に  観音様とは  わかりやすく解説してくれてあります。

今までも目にしてはいましたが、一瞥程度でしたが、、、今回はなぜか気になりまして、

写真に納めてしまい、、、、アップしようという気になりました。







観音様 由緒
観音とは  菩薩とは






谷根千界隈の懐かしさと喜びが、アチコチに在り、心穏やかにさせてもらいました












                正月飾り  尺杖?                    谷中  遺物




               <  自らを  しリ  おのずから  想う   >








ではまた






意味



54年ぶりの雪でした。

記憶にはありませんが、上京して二年目頃です。

その頃は、結構降り積もりましたから、さほど気にもしていませんでしたね。

雪が積もって当り前のところから来たので、何の抵抗もありませんでした。

さすがに50年も経てば、雪は苦手になって来ました。

でも雪が降るとワクワクして、心ウキウキしてくるのは何でしょうか???




おはようございます。

今朝も冷えています、実家はおそらく、、、零下10度位になっていることでしょう。

それに比べると暖かいです、そうです!!元気で動き回れます。









二つの神社のある場所

およそ神社の鎮座する場所とは程遠い、、、そんな雰囲気の場所に二つの神社がありました。

御嶽神社と稲荷神社





   御嶽神社                        御嶽神社




                        稲荷神社                         稲荷神社







             <   すべからく  意味が  あるから  そこに在る   >








ではまた









守護






本格的な紅葉狩りをしないまま、秋が過ぎ去ってゆくようです。

山を観ても街中を観ても、鮮やかさが飛び込んでこない感じです。



江東区に  海辺  という住所が在るんですが、そこへ行った折の神社です。

民家の一角に鳥居が見えたので、ナンジャらホイと思い近ずきますとまさしく神社でした。

当り前ですが神社です、タダ民家の一角です。

今回も何故そこなのかは、解りません???

八百万の神が在るが如く、あらゆるところに社が現存していますね。





おはようございます。

雨模様から本格的な雨となっています。

予定が狂ってしまいますが、如何にしたら修正できるかが楽しみです。









              猿田彦神社
街角シリーズ




個人的ではなさそうですが、小さいです。

狛犬替わりの石が両側にありますが、左右あわせると社より大きいのではないでしょうか。

守りながら護られて居るのでしょう。






猿田彦神社
街角シリーズ





          <   いずこの  神に対しても  ありがとう   >






ではまた
プロフィール

柳宏

Author:柳宏
高野上空 白虎
                            

和かた整体処
代表 柳宏 (りゅうこう)


スピリチュアル
推拿  気づき
气功  癒し処

   何を成し
 いかに生きるか 
  そんな想いを
  載せています

  記事の末尾に
心にフット浮かんだ
  
*  言 の 葉  *

 載っけてま~す

ブログでメールアドレス表示

Designed by Shibata

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
ほのぼの時計
リンク
リンク フリーです   素敵なリンク先へも行って見てね!!
月別アーカイブ
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード